水漏れトラブルと修理の必要性

水漏れトラブルと修理の必要性 生活をしている中である日突然トイレや水道、お風呂といった水回りで水漏れをすることがあります。その際、ちょっとした水漏れであればそのままでも問題ないように思いがちです。水漏れは原因がいろいろとあり、大きなトラブルの原因にもなるので早い対応が望ましいとされています。
水が漏れている場合、修理は自分で出来るものとそうでないものとがあります。そこで、今がどういう状況なのか、何が原因となっているのかを確認して対応することが必要です。まずは自分でできるのか、業者に依頼することが必要なのかを確認しましょう。

■修理は自分でできるのか

自宅のトイレや蛇口から水が漏れはじめたら、業者を呼んで対応してもらうことが一般的な対応です。確かにプロに依頼して対応してもらえば確実に直りますし安心できます。しかし、業者を呼ぶと出張料と技術料がかかるのでけっこうなコストがかかってしまうのが問題です。
水回りのトラブルにもいろいろなものがあり、対応方法はさまざまです。中には自分で簡単に修理できるものもあります。原因次第では業者を呼ばなくても十分直せるものがあります。

■インターネットで調べるとわかりやすい
被害も少なく作業に余裕がある場合には、インターネットで水漏れの原因や対策を調べるのも一つの方法です。インターネットではさまざまな情報が出ており、水が漏れる原因として考えられるものや、応急処置や修理としてできることが一通り書かれています。
インターネットの情報はわかりやすくまとまっているものが多いですし、中には動画で作業の方法が記載されているものもあります。動画があれば素人でも作業がしやすいですし、原因を見つけやすいでしょう。特にスマホは作業をしながら手元でチェックできるので便利です。
調べた情報をもとに壊れていそうな場所をチェックしていくと、原因が見つかることもあります。原因がわかれば修理の方法もわかりますし、自分で対応できるものなのかどうかの判断がしやすいです。自分での作業が難しいケースは、早急に業者に連絡するようにしましょう。

■業者を呼ぶとしても応急処置が必要

トイレや蛇口からかなりの量の水漏れがある場合には、迅速に対応して状況がこれ以上ひどくならないようにすることが必要です。業者にすぐに来て欲しいと連絡をしても、混雑状況によっては作業をしてもらえるまでかなりの時間待たなければならないこともあります。
水漏れが長く続くと水道料金が上がることも不安ですが、それ以上に近隣の住宅への被害が不安です。特に集合住宅の場合には、下の階の部屋や隣の部屋まで浸水してしまうことがあります。浸水被害が出ると、自室の修理や家財道具の買い替えだけでなく、隣や下の部屋の住人への損害賠償を請求されることもあるので早期の対応が大切です。
そこで、まずは止水栓を閉めて水が出ないようにしましょう。そうすることで一時的に水を止めることができます。必然的に水漏れも止められるので、被害の拡大を防ぐことができるでしょう。ただ場合によっては止水栓を閉めても解決しないケースもあり、その場合には業者に状況を伝え、応急処置としてできる対策を聞いて対応しましょう。

■まとめ
水漏れが起こる原因は様々なものがあり、自分で修理をすることができるものとそうでないものとがあります。すぐに業者を呼ぶのではなく、まずは自分でできるかどうかのチェックをすることから始めると、状況によっては早く水漏れを解消することができますし、余計なコストをかけずに対応できます。
もしも水の漏れている量が多かったり自分では対応できないと感じたりすればできるだけ早く業者を呼ぶようにしましょう。水が漏れて床上浸水を起こしたり周辺の家に迷惑をかけるようなことになったりすると、大きな問題に発展することもあるので早期の対策が望ましいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース