トイレの水漏れの原因と修理

トイレからの水漏れは異臭を放つこともありますし不衛生でもあります。そのため万が一水が漏れ始めたらできるだけ早く対策をして直すことが求められます。そこで、まずは原因を見つけ出し、早急に対策を講じることが必要です。

■トイレの水漏れの原因

トイレ 水漏れトラブルの多くは経年劣化によって起こるといわれています。それぞれのパーツをつないでいるパッキンが古くなってくるとヒビが入ってしまったり浮いてしまったりすることがあり、そこから水が漏れてくるのです。
水漏れが起こりやすい場所としてトイレのタンクがあります。タンクは水をためておく部分なので、日々使っている中で劣化をしやすい場所でもあります。劣化してくるとタンクに水が溜まらなかったり漏れてきたりするようになります。


■水漏れが起こったらまずは自分でできる対応を

トイレの水漏れは自分で修理できるものもありますが、業者に頼まないと修理できないものもあります。ただ、まずはとにかく水を止めることが必要です。そのため止水栓を閉めて水を止めることから始めます。
原因の種類によっては止水栓を止めても解決しないこともあります。あくまでも応急処置として水が漏れないようにするだけなので、とりあえず水を止めてから修理の方法を考えていきます。


■まとめ
トイレ水漏れの原因はいろいろなものがあります。まずは被害をおさえるためにも止水栓を閉めて水が漏れないようにします。そのあと自分で修理をしたり業者に頼んだりして修理をしていきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ