トイレの水漏れ修理で交換する方法

トイレの水漏れが解決しない場合、状況によっては修理ではなくトイレ交換が必要となる場合もあります。交換をする場合には自分で行うことは難しいので、業者に依頼するのが一般的です。

■経年劣化によるトラブルは交換が一般的

トイレは消耗品であり、使っているうちにどんどんと劣化していくことは避けられません。そのため使っていくうちにパッキンが浮いてきたり中のパーツが壊れていたりする場合があります。こうした部品の消耗によっても水漏れを起こすことがあり、状態によって修理やトイレの交換が必要となります。
交換をする際には新しく取り付けるトイレをどこのメーカーのものにするか、どういった機能がついているものにするかということを決める以外にも、今のトイレの排水管の場所に適したタイプのものを選ぶことが必要です。

■トイレ交換にかかる費用

トイレを新しいものに交換する場合、トイレの購入費用によっても金額は変わってきます。本体代金だけではなく設置にかかる工事費や古いトイレを交換する費用なども加わり、タンクごと交換宇するのであれば6万円から20万円ほどでかかるとみておきましょう。最新式で機能が充実したトイレとなるとさらに高価になる場合もあるため、注意が必要です。
トイレも毎年どんどん新しいモデルが販売されており機能も毎年進化をしています。そのためつける機能によってトイレの交換費用は違ってきます。予算がある場合にはそれに応じて購入するトイレを選ぶと予算内でトイレ交換ができます。

■まとめ
トイレの状態によっては新しいトイレを購入してトイレ交換をすることが必要です。交換は自分で交換することが難しく業者に依頼をすることになり、かかる費用は購入するトイレの金額によっても違ってきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ